ホッピングナースで奄美大島・徳之島の病院で勤務。(岡山県出身 看護師10年目)

2021.08.05

私はRIKAJOBを通じて、徳之島から奄美大島へ看護師として勤務にあたリ、奄美大島では一年と少しの期間、包括ケア病棟とHCUの2ヶ所で経験させて頂きました。

包括ケア病棟では月に多くて何十人と退院する患者が中心で在宅復帰や施設に戻る方もおられご家族やケアマネージャー、施設スタッフとも退院の話しを共有しながら行って参りました。HCUでは違う島から緊急オペで来る患者もおられましたが、術が終わるまでご家族が付き添われ、寄り添われる姿にこちらも、患者ご本人だけでなくご家族を労る気持ちが自然と芽生えました。

コロナ下だからといってもオンライン面会を活用して患者ご本人との時間の共有されたり病状を心配され定期的にICを行ったりと、ソーシャルディスタンスを保ちながら心の距離はあけない島医療、連携を感じました。

なぜ徳之島と奄美大島だけに生息している黒ウサギは、普通のウサギより耳が短いのかご存知でしょうか?
奄美大島、徳之島へ行かれる方は是非、黒ウサギ探検おすすめ致します。
なぜかと言いますと、黒ウサギが島に根付いた歴史を知ることで奄美大島の成り立ちや他の島との違い、ハブやマングースとの動物世界をも知ることができると思います。

奄美大島は雨天の日が多いです。雨の日でも楽しめるスポットが沢山あるので是非楽しんで下さい。

島生活離れることは寂しいですが支援の幅を広げたくクラスター支援に参加して何か学んでいきたいたいと思います。ありがとうございました。

PAGE
TOP