私たちについて

RIKAJOBnet離島・僻地へあなたの医療を届けよう
離島・僻地へあなたの医療を届けよう

離島医療看護師ネットワーク(RIKAjob)は新しいライフスタイルの提案します。

都会の大病院で勤務し、結婚や転職を機に中小あるいは個人病院だけで勤務して
看護師としてのキャリアを終えるというのがかつての看護師の標準的なライフイメージでした。

そのライフキャリアの中で生涯に6ヶ月あるいは1年、離島や僻地地域医療の現場で働く。

すばらしい自然の中で、患者と医療者が深く結びつく現場を経験し、
本当に皆さんが人から必要とされるという体験は
きっとかけがえのないすばらしい時間になり、あなたの人生の質に大きく影響すると思います。

近い将来、平均寿命は90歳を越えます。
看護師としての時間は人生のわずか40年足らずでしかないにもかかわらず、
そのあり方が、その後の人生の質に大きく影響することになると思います。

あなたが離島に必要以上の待遇を望まず、現地の看護師たちと全く同じ条件で働いてくれさえすれば、
すでに離島医療に貢献していることになるのです。

看護師として生きていくあなたの人生と
離島・僻地地域医療の現場がともに豊かになる新しいライフスタイルの提案です。

代表あいさつ

Japanheart代表吉岡秀人

JAPAN HEART 代表
吉岡 秀人

かつて海外医療の現場にいるときに看護師たちに問いかけたことがある。
「海外の医療の届かないアジアの現場だけでなく日本にある離島や医療僻地にも医療を届けたくないか?」
看護師たちの答えは皆同じ、ぜひ届けたいと伝えてきた。そこから始まったジャパンハートの離島・僻地医療事業はすでに200人以上の派遣を終えてきた。

余分な経費負担を一切病院にかけず、ひたすら離島医療に人的貢献し、そこからしっかり学びを得て皆大きく成長してきたことは参加者各人の人生そのものの中できっとかけがえのない経験になっていると思う。

どんなビジネスでも先行投資なく、最初から利益を引っ張れば世の中から支持されずにビジネスは壊れてしまう。人の世の定めごと(決まりごと)ははっきりしている。最初に差し出したものが大きくその見返りを受けるということだ。

まず、自分の半年ほどの時間と経験を日本の地域医療のために差し出してくれないか?
あなたが人生を終える頃、その記憶はきっと今あなたが想像しているよりもいるよりももっと光を放っていると思うから。

※吉岡秀人によるブログはこちらからご覧いただけます。

JAPAN HEARTとは

国際医療ボランティアjapanheart

ジャパンハートは 小児外科医吉岡秀人により2004 年、国際医療ボランティア団体として設立された。 日本発祥の国際医療 NGO。「医療の届かないところに医療を届ける」を理念に活動している。海外では、ミャンマー・カンボジア・ラオス・インドネシアで子どもの診療・手術を 無償で実施。その数、年間 2 万件。日本国内では医療者不足が深刻な僻地・離島への医療 者派遣、小児がんの子ども達を支援する「すまいるスマイルプロジェクト」を実施している。

国際医療協力・海外医療ボランティア医師団
ジャパンハート JAPAN HEART

PAGE
TOP